神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市東部はお任せ下さい > 株式会社ハートフルコーポレーションのブログ記事一覧 > マイホーム購入時に考えたいスマートハウスとは?費用やメリットをご紹介

マイホーム購入時に考えたいスマートハウスとは?費用やメリットをご紹介

≪ 前へ|不動産購入後にインターネットを契約する方法をご紹介   記事一覧   ローン残債があっても不動産は売却できる?抵当権の抹消や売却方法を解説|次へ ≫

マイホーム購入時に考えたいスマートハウスとは?費用やメリットをご紹介

IT技術の進歩によって、さまざまな場面で生活の利便性は向上しています。
そのなかでも近年注目されているのが、IT技術を活用した「スマートハウス」です。
エネルギーを上手に使うスマートハウスには多くのメリットがあり、これからマイホームを購入する方にとって魅力ある選択肢です。
そこで今回は、スマートハウスがどのようなものか、その費用やメリットも解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入時に考えたいスマートハウスとは

スマートハウスとは、IT技術を利用して、エネルギーの利用方法や消費量を最適化した住宅のことです。
その特徴として挙げられるのが、創エネ・蓄エネ・省エネの3つのエネルギー対策で、スマートハウスでは、効率の良いエネルギー利用や環境への配慮がなされています。
スマートハウスでは、太陽光を利用した発電と、蓄電池や電気自動車を利用した蓄電をおこない、HEMSというシステムでこれらの装置や家電をコントロールして省エネを実現しています。
まだ一般的に普及しているとはいえないHEMSですが、政府は2030年までに全世帯普及を目指していて、これからのマイホームのスタンダードとなることは間違いないでしょう。

スマートハウス購入にかかる費用

スマートハウスを購入する場合には、太陽光パネル・パワーコンディショナー・蓄電池・HEMSといった設備を導入するための初期費用がかかります。
とくに、太陽光パネルに100万円前後かかるケースもあります。
こうした特殊な設備以外に、スマートハウスに欠かせない断熱性能の高い資材などにも追加費用が必要です。
しかし、坪単価で考えると、オール電化とほぼ同等の価格にて建築可能で、金額的には2万円~3万円ほどのプラスで済みます。
予算を抑えたいなら、ローコスト住宅を選んでスマートハウスを建てると、坪単価50万円程度から建築可能です。
また、新築ではなく中古住宅をリフォームする場合には、350万円~450万円程度の費用がかかります。
そのほかにも、太陽光パネルには、初期費用だけでなく継続的なメンテナンス費用がかかります。

スマートハウスを購入するメリット

スマートハウスに住むと、光熱費を削減できるのがメリットです。
電力会社から電気を買う量を減らしながら、HEMSで無駄のないエネルギー使用を管理できるため、今までよりも光熱費の出費は減らせるでしょう。
また、台風や地震などの災害の際には停電が発生することがありますが、スマートハウスでは太陽光パネルと蓄電池があるので、災害にも強いというメリットがあります。
さらに、マイカーを電気自動車にすると、燃料費をゼロにできるのもメリットです。
そのほかにも、スマートハウスのIT機器を連携させて、高齢者の見守りや介護・健康管理や防犯といった課題も解決に導いてくれると期待されています。

まとめ

スマートハウスとは、発電・蓄電・省エネに着目し、エネルギーバランスを最適化する住宅です。
初期費用はかかりますが、ローコスト住宅ならば安値で建てられます。
光熱費の節約や災害時の電力確保などのメリットもチェックして、スマートハウスの購入を考えてみてください。
私たちハートフルコーポレーションでは、神戸市垂水区の一戸建て物件を多数ご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入後にインターネットを契約する方法をご紹介   記事一覧   ローン残債があっても不動産は売却できる?抵当権の抹消や売却方法を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る