神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市東部はお任せ下さい > 株式会社ハートフルコーポレーションのブログ記事一覧 > 初めての土地探しでもこのポイントを押さえておけば大丈夫!

初めての土地探しでもこのポイントを押さえておけば大丈夫!

≪ 前へ|須磨区で1月に行われる注目イベント!子供から大人まで楽しめる   記事一覧   ファミリーにおすすめ!妙法寺駅エリアの住みやすさをチェックしよう|次へ ≫

マイホームを建てたい!という具体的な計画が決まったら、最初に始めるのが土地探しです。

 

でも、初めての場合、どんなことに気をつければいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、初めての人でも安心して土地探しができるよう、注目したいポイントや狭小住宅でも快適に暮らせるのか?など詳しく紹介しますので、お悩みの方はぜひ参考にしてみてください!


土地を探す時のポイントは?


土地探しで優先すべきポイントは地域性や地盤

 

まず事前に頭に入れておきたいのが、何を優先的にチェックするかです。

 

せっかくいい場所をみつけても後々欠損が見つかった場合、また一から探しなおさなければなりません。

 

それでは、まず押さえておきたい優先すべき2つのポイントを紹介します。

 

<制約がないか>

 

土地には地域によって建ぺい率や容積率、高さ制限や斜度規制など制約がある場合があります。

 

そのため、いい場所をみつけて買ったけど、計画していたような家が建てられないというケースもありますので、事前に確認しておくことが大切です。

 

また都市計画区域では、建築基準法により幅4m以上の道路に面する場合、接する部分は2m必要と決められているので注意しましょう。

 

<地盤の状態>

 

地盤の状態によって耐震性が低くなったり、液状化や浸水にあったりと、災害時の被害が拡大する恐れもでてきます。

 

専門家に地盤調査を依頼するのはもちろんですが、地盤サポートマップでも地質や液状化、また浸水の可能性があるかなど確認することができます。

 

また過去の浸水記録を各市町村役場で確認したり、土壌汚染調査がおこなわれているかを不動産会社に確認したり、自分自身で確かめておくことも大切です。

 

土地探しのポイントとは?狭小住宅を建てるメリットデメリット

 

都心部では、場所は気に入ったけど家を建てるには狭いと感じるところもあるかと思います。

 

ただ、狭い土地に家を建てる狭小住宅でも、工夫次第で快適に暮らせます。

 

次は、狭小住宅を建てるメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット

 

狭小住宅の一番のメリットは、土地代やそれに関わる費用を抑えられることです。

 

購入時に発生する申請費用や登記費用も抑えられるので、大幅なコストカットができます。

 

また、狭い場所なら都心部でも売り出されている可能性が高いので、利便性を重視する人には大きなポイントになるのではないでしょうか。

 

他にはコンパクトな住宅は掃除をする箇所が少ないので、掃除が楽になるメリットもあります。

 

デメリット

 

狭い住宅には、設計を工夫しなければ暮らしにくい家になってしまうというデメリットもあります。

 

また凝ったつくりになる場合が多く、建築コストが高くなることも考えられるので、建築士としっかり話し合って進めることが大切です。

 

まとめ

 

土地探しのポイントや狭小住宅について紹介しました。

 

事前に知識を入れておくことで、後悔しない土地選びができるのではないでしょうか。

 

ぜひ今回の記事を参考に、素敵なマイホームを手に入れてくださいね。


私たち株式会社ハートフルコーポレーションでは、神戸市須磨区・垂水区の土地をご紹介しております。

 

理想のマイホームを建てるための土地をお探しの際は、ぜひ当社までご相談ください


今週のおすすめ物件情報(※2019年12月26日時点)


神戸市須磨区友が丘6丁目 新築戸建て 仲介手数料無料!


開放感のある間取りが魅力的の4LDKで、家事動線を意識したシステムキッチンは作業効率が上がりますよ。

≪ 前へ|須磨区で1月に行われる注目イベント!子供から大人まで楽しめる   記事一覧   ファミリーにおすすめ!妙法寺駅エリアの住みやすさをチェックしよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る