神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市東部はお任せ下さい > 株式会社ハートフルコーポレーションのブログ記事一覧 > 土地を購入したい!注意したいチェックポイントとは?

土地を購入したい!注意したいチェックポイントとは?

≪ 前へ|不動産購入時にかかる仲介手数料とは?上限はいくらなの?   記事一覧   垂水区にある霞ケ丘小学校の評判について|次へ ≫
カテゴリ:★★★不動産知識★★★

土地を購入する際、確認しておくべきことはたくさんあります。

 

家を建てる際にまず行う土地の購入ですが、自身や家族の生活に合う地域かだけではなく、希望の家を建てられる場所かというのも大切なチェックポイントですよ。

 

今回は、そんな土地購入の際に注意したいチェックポイントをご紹介します。


土地を購入したい①:事前に用途を確認


土地を購入する時の確認事項


土地には、用途地域が定められている場所があります。

 

13種類の用途地域が指定されており、住宅、商業、工業などが混在しないよう分けているのです。

 

低層住宅と小規模な店舗を兼ねた住宅しか建てられない第一種低層住宅専用地域などは、典型的な落ち着いた住宅街として広告の売りにもなります。

 

ただし住宅専用地域では、店舗面積も厳しく規制されており、静かな住宅環境の一方、買い物がしにくいなどの利便性が低いことも。

 

ライフスタイルにおいて何を優先するか、家族で確認しておきましょう。


土地を購入したい②:建ぺい率と容積率


<建ぺい率>

 

土地を購入して建物を建てようとしても、敷地面積いっぱいに建てられるわけではありません。

 

チェックポイントの一つである建ぺい率は、防火の目的と住環境を適切に保つことを目的に指定されており、敷地面積当たりに占める建物面積の割合のことです。

 

たとえば、50坪の土地で建ぺい率が60%であれば、建坪30坪までの建物が建てられるということです。

 

都市計画で指定される数値は、地域によって30%から80%と差があります。

 

また、庇部分は先端から1メートルは除外したり、角地では10%上限が上がったりする場合もあります。

 

<容積率>

 

もう一つのチェックポイントある容積率は、敷地面積に対する建築延べ面積(延べ床面積)で、こちらも用途地域ごとに50%から1300%の範囲で指定されています。

 

50坪の敷地で容積率が150%の場合、75坪までの延べ床面積の建物が建てられるということです。

 

上記のように50坪の土地で建ぺい率が60%、容積率150%の場合は、130坪、230坪、315坪というような建物が建てられるのです。

 

これらの指定がなかった古い建物を壊して新しい住宅を建てる際は、以前と同じ大きさの建物が建てられなくなる可能性もあります。

 

現在の用途地域と、建ぺい率・容積率の数値がいくつかは、土地の購入においてとても大事なチェックポイントです。


土地を購入したい③:事前の確認


他にも、用途地域による建物の高さ制限や、敷地が道路に2メートル以上接している必要があるという接道義務なども確認する必要があります。

 

また今後再開発などの街が変わる計画があるかどうかなども重要なので、チェックポイントを事前に理解しておくと安心ですよ。

 

ぜひ、素敵な土地を見つけるためにも、丁寧に確認していってくださいね。


まとめ


土地の購入は、大きな金額が動くだけでなく、マイホームの住環境を決定する決断です。

 

ぜひ、チェックポイントを見落とさず、希望のマイホームを建てられる土地を見つけてくださいね。

 

私たち株式会社ハートフルコーポレーションでは、土地の購入のお手伝いをいたしております。

 

さまざまなご要望にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

こちらの「神戸市西区長坂 全3区画 新築戸建 仲介手数料 無料!」の物件では、仲介手数料を無料でご案内いたします。(※201935日時点)

 

広々とした4LDKの物件なので、家族で快適に過ごせますよ。

≪ 前へ|不動産購入時にかかる仲介手数料とは?上限はいくらなの?   記事一覧   垂水区にある霞ケ丘小学校の評判について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る