神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市東部はお任せ下さい > 株式会社ハートフルコーポレーションのブログ記事一覧 > ヴィンテージマンションの定義とは?住むことで得られる魅力もご紹介!

ヴィンテージマンションの定義とは?住むことで得られる魅力もご紹介!

≪ 前へ|家購入のための資金調達のひとつ「ペアローン」についてご紹介   記事一覧   不動産購入後にインターネットを契約する方法をご紹介|次へ ≫

ヴィンテージマンションの定義とは?住むことで得られる魅力もご紹介!

マイホームの購入を検討して物件を探していると「ヴィンテージマンション」という言葉を耳にすることがあると思います。
しかしヴィンテージマンションとはどのようなマンションのことをいうのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ヴィンテージマンションの定義とは何なのか、住む魅力にはどのようなものがあるのかを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ヴィンテージマンションの定義をご紹介 

ワインやジーンズなどに「ヴィンテージ」という言葉が使われているのを聞いたことがあるでしょう。
新しいものではなく、年月を重ねることで味わいが出てくるものに対して、この言葉を使うことがあります。
通常、マンションのような建物は経年とともに劣化していき、その価値も低下していくものです。
しかし、それとは逆に築年数の経過によって価値が上がっていくマンションが、ヴィンテージマンションとよばれます。
ただしヴィンテージマンションには明確な定義があるわけではありません。
ヴィンテージマンションと認識されるための条件とは、以下のようなものです。

●築20年以上が経過している
●人気の駅が近くにあるなど、立地条件が良い
●飽きのこないデザイン
●きちんと管理されている
●周辺エリアにある同条件の物件より価格が高い


これらの条件を満たしている物件は、ヴィンテージマンションと認識される傾向にあります。

ヴィンテージマンションに住む魅力とは?

ヴィンテージマンションは、住む人にとってさまざまな魅力があります。
まず「価値の高いマンションに住んでいる」ということがステータスになり、高い満足度を得られるでしょう。
ヴィンテージマンションは飽きのこないシンプルなデザインやディティールにこだわった物件が多いため、見ただけで多くの人々の心を惹き付けます。
利便性の良い場所にあるので不便を感じることがないのはもちろん、隅々まで管理が行き届いており快適な生活を送れるのも魅力の1つです。
マンションに愛着を持っていてルールやマナーを守る住人が多く、良質な人間関係を築きやすいという特徴もあります。
またヴィンテージマンションは資産価値が下がりにくいため、時期によっては購入時よりも高く売却できる可能性もあるでしょう。
将来的に売却することも視野に入れているのであれば、ヴィンテージマンションの購入を前向きに検討してみましょう。

まとめ

ヴィンテージマンションとは、築年数の経過とともに価値が高まっていくマンションのことをいいます。
デザインが良いだけでなく、周囲の環境も良く資産価値が下がりにくいことなどが魅力です。
住む人にとって具体的にどのようなメリットがあるのかを事前に確認したうえで、慎重に検討すると良いでしょう。
ハートフルコーポレーションでは、神戸市垂水区にある新築一戸建てをご紹介しております。
夢のマイホームを購入される際は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|家購入のための資金調達のひとつ「ペアローン」についてご紹介   記事一覧   不動産購入後にインターネットを契約する方法をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る