神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市東部はお任せ下さい > 株式会社ハートフルコーポレーションのブログ記事一覧 > 家購入のための資金調達のひとつ「ペアローン」についてご紹介

家購入のための資金調達のひとつ「ペアローン」についてご紹介

≪ 前へ|不動産売却時には知っておきたいオーバーローンとは?   記事一覧   ヴィンテージマンションの定義とは?住むことで得られる魅力もご紹介!|次へ ≫

家購入のための資金調達のひとつ「ペアローン」についてご紹介

家を購入するための資金調達方法として利用する方の多い住宅ローン。
この住宅ローンのひとつに、ペアローンがあります。
このローンを利用する前に、どのようなメリット・デメリットがあるのかをよく理解しておくことが大切です。
そこでこちらの記事では、ペアローンの特徴やポイントについて解説していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

家購入におけるペアローンの特徴について解説

夫婦で住むための家を購入する場合、従来の住宅ローンではどちらか1人がローンを組むのが一般的でした。
近年、夫婦2人が共働きで収入を得る世帯が増えてきており、住宅購入の費用を2人で出資するケースも少なくありません。
このようなときに利用するのが、ペアローンです。
このローンは、安定した収入のある同居家族が、1つの家に対してそれぞれ住宅ローンを組むというもので、お互いが連帯保証人になります。
夫婦に限らず、親子や同性パートナーでも利用可能です。
このローンでは同居人それぞれが独立して住宅ローンを組むことになり、借入額や月々の返済額を個別に決めることができるという特徴があります。

家を購入するためにペアローンを組むことのメリットをご紹介

ペアローンの大きなメリットは、借入額を増やすことができるという点です。
1人の収入では希望どおりの金額を借りることができない場合でも、このローンは2人の収入を合算できるため、より多くの金額を借りられる可能性が高くなります。
また、住宅ローンを利用している方が受けることのできる住宅ローン控除を、このローンでは2人それぞれが受けることが可能です。
また、将来、家を売却することになったときに、2人それぞれが3,000万円特別控除を受けられるというメリットもあります。

家購入の際にペアローンを利用する際のデメリットをご紹介

ペアローンを利用する前にデメリットについても理解しておきましょう。
2人それぞれが住宅ローンを契約することになるため、住宅ローンを組む際の事務手数料や登記手数料などの諸費用が2倍になります。
住宅ローン利用時には団体信用生命保険(団信)に加入するため、契約者が亡くなった場合には団信によってローンが完済されます。
しかしペアローンでは団信に加入していても、どちらか一方が亡くなったときに1人分の債務しか免責されず、残った1人分のローンは返済していかなければならないという点がデメリットです。

まとめ

ペアローンとは、同居する2人が1つの家に対してそれぞれ住宅ローンを組む方法のことです。
収入を合算できるため借入額を増やせるなどのメリットがありますが、一方でデメリットがあることも理解しておきましょう。
将来的なライフプランを立て、自分たちに向いているローンであるかどうか、じっくり検討することが大切です。
私たちハートフルコーポレーションでは、神戸市垂水区の一戸建て物件を多数ご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却時には知っておきたいオーバーローンとは?   記事一覧   ヴィンテージマンションの定義とは?住むことで得られる魅力もご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る