神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市東部はお任せ下さい > 株式会社ハートフルコーポレーションのブログ記事一覧 > 住宅ローンを親子リレーで返済?メリットや注意点について解説

住宅ローンを親子リレーで返済?メリットや注意点について解説

≪ 前へ|不動産購入をお考えの方へ!自宅を一括購入するメリット・デメリットとは?   記事一覧   土地に家を建てる際の建ぺい率と容積率とは?緩和制度についても解説|次へ ≫

住宅ローンを親子リレーで返済?メリットや注意点について解説

マイホーム購入を検討している方のなかには、ローンを親子リレーにしようか悩んでいる方もいるでしょう。
そもそもどのような仕組みなのか、メリットや注意点について知っておく必要があります。
ここでは親子ローンについて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンを親子リレーで返済?仕組みとは

住宅ローンの親子リレーとは、名前のとおり「親子」で住宅ローンの借り入れ、返済をしていくものです。
要件や条件は金融機関や利用する住宅ローンによっても異なりますが、基本は親と子、また、孫や子の配偶者や孫の配偶者と組むことができる場合もあります。
リレーのように親から子どもへ返済が移行することから「親子リレー」と呼ばれています。

住宅ローンを親子リレーで返済?メリットとは

親子リレーにするメリットは、余裕を持った返済期間を設定でき、借り入れ可能額を増額できる点です。
親が高齢な場合は返済期間が短く設定されることが多いですが、親子で組むことで返済期間が長く設定でき、余裕を持った返済計画を立てることが可能です。
また、借り入れ可能額も親と子どもの収入を合算して計算するので、1人で借り入れするよりも予算アップを狙えます。
親子で利用する住宅購入だけでなく、子どもが利用する住宅の購入支援として親子リレーで借り入れする方もいます。

住宅ローンを親子リレーで返済?注意点とは

気を付けなければならない注意点は、別の住宅ローンの申し込みができなくなることや、団体信用保険の適用者が1人という点です。
住宅ローンは高額の借り入れになることから、完済するまで他のローンを組めなくなってしまう可能性があります。
同居目的で購入したけれど、急な転勤や別居になり新たに住宅購入しようとしても、借り入れできないことがほとんどです。
また、ローンの名義は2人ですが団体信用保険は1人だけとなります。
そのため、団体信用保険の対象ではない方が亡くなった場合は、住宅ローンの返済は続いていくことになります。
高額の借り入れができるようになるなどのメリットだけでなく、注意点についても把握しておきましょう。

まとめ

住宅ローンを組む場合の親子リレーの仕組みとは、基本的には親と子どもの名義で組み、リレー方式で返済していきます。
借り入れ可能額が増えたり返済期間が延びるといったメリットがありますが、別の住宅ローンが組めなかったり団体信用保険の対象者は1人だけといった注意点もあるので気を付けましょう。
メリットとデメリットを知ったうえで、自分や家族にはどの方法があっているかを考えてみましょう。
私たちハートフルコーポレーションでは、神戸市垂水区の一戸建て物件を多数ご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入をお考えの方へ!自宅を一括購入するメリット・デメリットとは?   記事一覧   土地に家を建てる際の建ぺい率と容積率とは?緩和制度についても解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る