神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市東部はお任せ下さい > 株式会社ハートフルコーポレーションのブログ記事一覧 > 新築一戸建て購入の際に発生する税金などの諸費用についての目安

新築一戸建て購入の際に発生する税金などの諸費用についての目安

≪ 前へ|3,000万円の新築一戸建てを購入するにはどれくらいの年収が必要なの?   記事一覧   マイホーム購入が保険見直しのチャンス?各種保険の加入や見直しを分析!生命保険はそのままでいいの?|次へ ≫

マイホームの購入を決めて、資金計画を立てたとしても、物件価格だけを気にしていると資金計画が狂ってしまいます。

 

今回は、新築一戸建て購入の際に発生する物件価格以外の諸費用について、まとめてみました。

 

新築一戸建て購入の際に発生する税金などの諸費用:購入時の費用と各種税金


購入時の費用と各種税金


まず購入時にかかる費用としては、頭金や手付金、不動産購入時の税金や各種手数料です。

 

「頭金」に関しては必須では無いですが、毎月の返済額を少なくするためにも、用意しておくと安心です。

 

物件の購入が決まった場合に支払う「申込証拠金」は数万円ですが、こちらは不要な場合もあります。

 

また、「手付金」として購入代金の数%を支払う必要があり、これは万が一、買い主都合で契約を破棄しても返金されないものです。

 

手付金については契約時に一時的に払い、決済時に返金されるものですが、実際には住宅ローンで借りたお金のうち、手付金を差し引いた差額を売主に振り込むことになります。

 

つまり、一時的に必ず必要となる現金が手付金です。

 

フルローンを考えている場合でも必要となるお金ですので、一時的に工面しなければならいことを頭に入れておきましょう。

 

また、税金としては、売買契約書などに貼る印紙代金である「印紙税」、購入後に支払う「不動産取得税」や「固定資産税および都市計画税」、不動産の登記の際に支払う「登録免許税」などが挙げられます。

 

新築一戸建て購入の際に発生する税金などの諸費用:手数料や保険料と費用全体の目安


次に、手数料などの費用としては、仲介不動産会社に支払う「仲介手数料」が挙げられます。

 

上限としては、物件価格の3.24%64,800円を加えたものです。

 

例えば、3,000万円の物件であれば、3,000万円×0.0324972,000円に64,800円を加えた1,036,800円となり、決して安い金額ではありません。

 

また、所有権の移転登記など、登記手続きの際には司法書士や弁護士に依頼することがほとんどですから、その場合の手数料も必要です。

 

他に、新たに水道を利用する場合の「水道負担金(地域による)」、家屋にかける「火災保険料」、引っ越しの際の「引っ越し費用」や「家具購入費用」なども、頭に入れておくべきでしょう。

 

このように、多くの物件価格以外にも多くの諸費用がかかりますが、目安としては、新築一戸建ての場合、物件価格の5%15%ほどと言われています。

 

資金計画を立てる際の参考としてください。

 

まとめ


新築一戸建てを購入する場合に、物件価格だけに着目をすると資金計画が狂ってしまいます。

 

税金や手数料、保険料など、各種費用が必要であることを念頭におきながら、具体的な金額などは、不動産会社などの専門家によく確認するようにしましょう。

 

株式会社ハートフルコーポレーションでは、手数料無料の新築一戸建てもご紹介しております。

 

夢のマイホームを購入される際は、ぜひ当社までご相談ください

 


≪ 前へ|3,000万円の新築一戸建てを購入するにはどれくらいの年収が必要なの?   記事一覧   マイホーム購入が保険見直しのチャンス?各種保険の加入や見直しを分析!生命保険はそのままでいいの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る