神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市東部はお任せ下さい > 株式会社ハートフルコーポレーションのブログ記事一覧 > 3,000万円の新築一戸建てを購入するにはどれくらいの年収が必要なの?

3,000万円の新築一戸建てを購入するにはどれくらいの年収が必要なの?

≪ 前へ|新築戸建て購入時の諸経費とは?かかる税金も押さえておこう!   記事一覧   新築一戸建て購入の際に発生する税金などの諸費用についての目安|次へ ≫

ファミリー層にとって憧れの新築一戸建てですが、例えば3,000万円以下の新築一戸建てを購入する場合、どれくらいの年収があれば無理なく購入することができるのでしょうか?

 

今回は3,000万円以下の新築一戸建てを購入するために必要な年収や、どの程度の住宅ローンを組むことができるのかを解説していきたいと思います。


3,000万円の新築一戸建てを購入するにはどれくらいの年収が必要なの?


新築一戸建てを購入するのに必要な年収の目安とは?


新築一戸建てを購入する際、物件を購入するために目安となる年収が必要になりますよね!

 

新築一戸建てを購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。

 

年収に対していくらまで借りることができるのかが大きなポイントになってくるのです。

 

例えば年収が400万円だったとして、住宅ローンはいくら組めるのでしょうか?

 

現在の状況では、住宅ローンの年間返済額が年収の25%以下がいいと言われています。

 

そうなると年収400万円の人でも3,300万円前後の借入ができますので、3,000万円以下の新築一戸建てであれば住宅ローンで支払いが可能になります。

 

年収の他にも、借入時の年齢が大きく関わってきます。

 

有利な年齢は35歳と言われており、年収400万以下でも借入可能なケースもあります。

 

しかし物件価格が高く限度額ギリギリまで借入してしまうと、病気をしたり子どもが生まれたりなど、何かあったときに月々の支払いが大変になってしまいます。

 

ライフプランに合わせて、無理なく返せる金額に留めるよう心がけましょう。


3,000万円以下の新築一戸建てを購入するのに必要な年収は?


ここまで見てきた通り、3,000万円以下の新築一戸建ては年収400万円前後あれば購入可能なことが分かりました。

 

年齢と共に、年収も上がっていくような企業に勤めている場合は、あまり心配ありませんが、そうでは無い場合はライフプランに合わせて無理のない価格の物件を選び、返済に困らない住宅ローンを組むようにしましょう。

 

また新築一戸建ての購入には、頭金が必要になるケースが多いです。

 

この頭金を多く支払うことができれば住宅ローンも減らすことができますので、新築一戸建ての購入を検討している場合は頭金用の貯蓄の準備も必要です。


まとめ


3,000万円以下の新築一戸建ては、年収400万前後でも十分購入可能だということがお分かりいただけたでしょうか?

 

年齢が若い方は、住宅ローン借り入れに有利とも言われていますので、年収が足りないと諦めるのではなく、不動産会社や金融機関に相談してみてください。

 

無理のない範囲で住宅ローンが組めるのであれば、新築一戸建ても夢ではないですよ。

 

私たち株式会社ハートフルコーポレーションでは、神戸市須磨区・垂水区の新築一戸建ての情報をご紹介しております。

 

理想のマイホームをお探しの際は、ぜひ当社までご相談ください。

 


≪ 前へ|新築戸建て購入時の諸経費とは?かかる税金も押さえておこう!   記事一覧   新築一戸建て購入の際に発生する税金などの諸費用についての目安|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る