神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市東部はお任せ下さい > 株式会社ハートフルコーポレーションのブログ記事一覧 > 新築一戸建てを買う際にチェック!住宅ローンのボーナス払いとは?

新築一戸建てを買う際にチェック!住宅ローンのボーナス払いとは?

≪ 前へ|垂水区のおすすめスポット「橋の科学館」で明石海峡大橋に詳しくなれる   記事一覧   子育てしやすい街の判断は行政支援や施設の充実度・周辺環境をチェック!|次へ ≫

新築一戸建てを購入する際に考える必要があるのが、ローンの支払い方法です。

 

住宅ローンは、一般的に35年など長期にわたって返済するため、無理なく最後まで返済できるかどうかじっくり考えなくてはいけません。

 

今回は、住宅ローンのボーナス払いの概要と、ボーナス払いを利用した際のメリットやデメリットについてご紹介します。


住宅ローン


住宅ローンのボーナス払いとは?


住宅ローンは、月々決まった額を支払うのが一般的です。

 

一方でボーナス払い(ボーナス併用払い)とは、月々の返済額と併用してボーナス時の支払いを増額する仕組みのことで、増額の割合は借入金に対して4~5割程度まで設定できますよ。

 

住宅ローンをボーナス払いにするメリットとデメリットは?


続いては、ボーナス払いを併用して住宅ローンを返済するメリットとデメリットをご紹介します。

 

メリット

 

・月々の支払い額を減らすことができる

 

ボーナス払いを併用すると、ボーナス月の返済額を増額する分、毎月の返済額を抑えやすいメリットがあります。

 

デメリット

 

・総支払い額が増える場合がある

 

先述のように、ボーナス払いの併用は月々の返済額だけで見ると毎月の負担が減りますが、これを返済総額で捉えると、かえって総支払い額が増える場合があるのです。

 

その理由は、「利息」です。

 

ボーナス払いを併用しない場合、毎月の返済によって元金が減るため、それに応じて利息も減ります。

 

しかしボーナス払いの場合は、併用月が年に2回しかなく、元金が減るタイミングもこの時しかありません。

 

ボーナス払い以外の月の利息は減らないため、結果として返済総額が増えてしまうのです。

 

・資金計画が狂う可能性がある

 

多くの企業では、ボーナスは事業の売上に応じて変動するため、以前より業績が悪くなると当然ボーナスの支給額が減り、住宅ローンの返済も滞ってしまうでしょう。

 

また、ボーナスを全額住宅ローンの返済に充ててしまうと、ご自身やご家族が事故や病気で入院・通院しなければならないなどの状況に直面した時の資金源が確保できません。

 

そのような「万が一」が起きると、最初に立てた資金計画が大幅に狂う可能性がある点にも注意しましょう。

 

まとめ


今回は、新築一戸建てを購入する際に考える、住宅ローンでのボーナス払いについてご紹介しました。

 

ボーナス払いは、月々の住宅ローン返済額を減らすことができますが、資金計画が変わる可能性があるなど、気をつけるポイントもあります。

 

住宅ローンの返済計画を立てる際は、ボーナス払いを併用することが本当にメリットとなるかどうかじっくり考えて決めましょう。

 

神戸市須磨区・垂水区で新築一戸建てをお探しの際は、株式会社ハートフルコーポレーションまでお気軽にお問い合わせください。



≪ 前へ|垂水区のおすすめスポット「橋の科学館」で明石海峡大橋に詳しくなれる   記事一覧   子育てしやすい街の判断は行政支援や施設の充実度・周辺環境をチェック!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る