神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市東部はお任せ下さい > 株式会社ハートフルコーポレーションのブログ記事一覧 > 新築一戸建てのキッチンを人気の対面キッチンにするメリットとは

新築一戸建てのキッチンを人気の対面キッチンにするメリットとは

≪ 前へ|【須磨区・垂水区】おすすめの花見スポット!   記事一覧   須磨区に住むなら親子で楽しめる須磨浦山上遊園へ!|次へ ≫
カテゴリ:★★★不動産知識★★★

「新築一戸建てを購入したら、ステキなキッチンで料理をしたい」と考える方もいらっしゃるでしょう。

 

その場合、どのような空間が理想だと思うでしょうか。

 

家族との会話や友人を招いてのホームパーティー、料理をしながら楽しい時間も共有したいと考えていたら、新築一戸建てを購入する機会に思いきって対面キッチンを選ぶのもひとつのアイデアです。


対面キッチン

 

新築一戸建てで対面キッチンにするメリット


対面キッチンのメリットは、なんと言っても開放感でしょう。

 

リビングダイニングからお互いが見えるキッチンは、壁や食器棚などで塞がれる空間とは異なり、奥行きや広がりを感じることができます。

 

小さな子どもを見守りながら料理ができますし、子どもにとってもお母さんの姿が常に見えるという安心感があります。

 

料理に興味を持つようになったり、積極的にお手伝いをする助けになったりするかもしれません。

 

対面キッチンなら、来客時にも会話を途切れさせることなく、お茶やお菓子の用意ができますよね。

 

カウンターを食卓として使用できるほか、料理を出す時も便利で早いなど、メリットがたくさんあります。

 

また対面キッチンは、反対側の壁を収納や冷蔵庫置き場などに使えるので、部屋全体に統一感を持たせ、スッキリとした印象にすることができます。

 

新築一戸建ての対面キッチンにちょうど良いサイズと部屋の広さ


「対面キッチンのサイズをどのくらいにすれば良いのか」というのは、悩みどころのひとつだと思います。

 

あまり大きいと動線が長くなって作業効率が落ち、短すぎると使い勝手が悪くてストレスになってしまうでしょう。

 

対面キッチンの標準的なサイズは、165cmから270cmの間になります。

 

キッチンに大きさを求める理由は、家族が多い、朝食とお弁当を同時に作りたい、料理が好きなど、人によってさまざまです。

 

一般的なシンクのサイズは約80cm、コンロ部分は約60cmなので、調理台スペースと合わせて200cm以上はあると安心です。

 

奥行きは最低でも70cm、食事をするカウンターも兼ねるなら100cmは必要でしょう。

 

そしてキッチンには収納や家電置き場、自分が立って作業する空間もあります。

 

快適で動きやすく、大型の冷蔵庫や電子レンジ、食器などの収納も考えると、キッチンだけで5畳くらいのスペースは確保したいところです。

 

リビングダイニングキッチンをひとつの空間に収めるなら、1416畳以上はないと狭く感じてしまうかもしれません。

 

まとめ


対面キッチンで一番のメリットは、家族が集まるリビングと一体化できるところでしょう。

 

キッチンに立つ時間が長い方には、とても重要な空間ですよね。

 

キッチンは、サイズが大きすぎても小さすぎても、使い勝手が悪くなってしまいます。

 

新築一戸建てを購入する際は、ちょうど良い大きさになるように、部屋とのバランスも考えながら理想の対面キッチンがある物件を選びましょう。

 

私たち株式会社ハートフルコーポレーションでは、神戸市垂水区を中心にファミリー向けの新築一戸建てを豊富に取り揃えております。

 

新築一戸建ての購入をご検討されている方はぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

 


≪ 前へ|【須磨区・垂水区】おすすめの花見スポット!   記事一覧   須磨区に住むなら親子で楽しめる須磨浦山上遊園へ!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る